英会話なんて怖くない!旅行を楽しくする会話術

海外旅行には行きたい、でも英語が・・・

海外旅行には行きたいけれど、でも外国人と英語で会話をするのが怖い・・・。心配になってしまうのはもっともです。私たちは普段からあまり外国人と接する機会がありません。でも、ほんの少しの準備と意識次第で、恐怖を楽しみに変えることができます。

聞きたいことだけシンプルに聞く

外国人があなたと接するとき、あなたが完ぺきな英語を話すことを実は誰も期待していません。ですから端的に、あなたが何を聞きたいのか、何を知りたいのかを理解しようとします。極端な言い方をすると、例えば道を聞きたい場合、行きたい場所の名前さえ伝えればOKなのです。
あなたが手に地図を持っているのを目にして、さらに場所の名前を聞けば、この人は道を聞きたいんだと理解してくれます。大事なのは中途半端に聞かないこと、シンプルに聞くことです。

困っている自分を恥ずかしがらない

相手が困った顔をしているときほど、人はその人を助けたくなるものです。実際に道がわからない、やり方がわからない、というのは困っている状況ですから、そんな自分を恥ずかしいと思わず、素直に表現してしまいましょう。
大事なのは、”わかるまで聞く”ことです。我々日本人は、わからなくてもわかったふりをしてしまいがちですが、相手は何度説明をしてでも、あなたにわかってほしいと思っています。あなたを助け、あなたの顔が明るく変わることによって相手も喜びや満足感を得られるのです。

こんにちは、ありがとうは現地の言葉で

旅先の言葉で「こんにちは」「ありがとう」だけは覚えていきましょう。
道を教えてくれた後で、助けてくれた後で、「ありがとう」を現地の言葉で伝えると大変喜ばれます。なぜならその言葉は想像もしていなかったものだからです。そして、とびっきりの笑顔であなたを見送ってくれますよ。

バイザポートについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です